Monthly Archives

3月 2016

「さくらライフ x トライフォース」で実際に兼務した新明GMの体験記

By | 一般 | No Comments
若かりし頃の中田理事長、早川総代表、僕です。 (2001年頃?のブラジルにて)

若かりし頃の中田理事長、早川総代表、僕です。
(2001年頃?のブラジルにて)

新明です!

トライフォースのウェブサイトで紹介されている、さくらライフグループとの提携について、実際にトライフォースとの兼務でさくらライフに勤務した経験者である僕が、提携について語りたいと思います!

僕は2007年7月にトライフォースのスタッフとなりました。2015年には勤務して8年目となり、ゼネラルマネージャーという肩書まで頂きました。そして僕の社会人経験で一番長い会社となりました。

早川さんに「今までの経験をトライフォース発展の為に使ってみないか」とお誘いを受けてスタッフとなり早8年。社員数2万人の上場企業に勤務し、それなりの収入もあっての転職だったので正直不安もありました。スタッフ業務で頂ける給料と昼間に定時であがれる仕事の給料を合わせて生活していこうと計画を立てていました。

そんな時、早川さんから中田賢一郎さんが経営する医療法人さくらライフで勤務しながら道場スタッフ業務をやってみてはどうかというご提案を頂きました。昼はさくらライフで勤務、夜は道場のスタッフ。さくらライフを定時であがらせていただき、キッズクラスの指導や道場スタッフ業務や練習に打ち込める環境を作って頂きました。早川さん、中田さんには本当に感謝しています。

さくらライフでは、前職の経験を活かし介護事業の立ち上げ業務と中田さんの訪問診療の運転手などを錦糸町の本社でおこなっていました。ちょうどナオ先生が秋葉原支部を、トオル先生が五反田支部をオープンし、道場でのスタッフ業務の比重が大きくなった為、さくらライフは退社させて頂きました。さくらライフでの勤務があったからこそ生活も出来たし、道場業務との兼務が出来たのだと思っています。

公認アスリート、スタッフ、インストラクターを目指す方は、さくらライフグループとトライフォースの提携制度を活かし、充実した柔術ライフを送って欲しいと思います。

さくらライフグループとの提携

トライフォース柔術アカデミー
ゼネラルマネージャー
元 医療法人社団さくらライフ職員
新明佑介

Social Media