インストラクター

トライフォース総代表 / 池袋ヘッドインストラクター

早川光由 Mitsuyoshi Hayakawa

トライフォース総代表
国際ブラジリアン柔術連盟(IBJJF)公認 黒帯4段
トライフォース池袋・ヘッドインストラクター

1975年9月21日生まれ。東京都出身。

1996年よりカーリー・グレイシー系列のスクールで柔術のトレーニングを開始した。20歳に至るまで、格闘技はおろか何の運動経験もないまま柔術を始めるが、その才能をすぐに開花させる事となった。競技者としてのキャリアがスタートしてからは、国内敵なしの実力を誇り、1998年、1999年の全日本オープン大会を連覇した。柔術界では「技のオモチャ箱」の異名を取る。

2000年以降は主戦場を海外に移し、あらゆる国際大会で戦い好成績を収める。またブラジルの名門アカデミー・アリアンシへ入門し、長期に渡る修行を敢行した。2002年、ブラジルのリオデジャネイロ州杯で勝利し、アリアンシのアレッシャンドリ・パイヴァ師より黒帯を授与された(日本人初)。

黒帯取得後、2002年に行われた全日本オープン大会にて、ヒクソン・グレイシーとも対戦経験のあるレジェンド中井祐樹との試合に勝利し、名実ともに日本最強の称号を得た。2004年には自らの理想を実現すべくトライフォース柔術アカデミーを設立し、同年の世界選手権において黒帯トップ8入りを果たした。

早川は競技としての柔術の実践者であるだけでなく、護身術の技術にも精通している。日本では、それを指導することが出来る数少ない指導者のひとりだ。全国各地で柔術セミナーを行い、普及にも力を入れている。現在は選手としての活動を続けると共に、道場の後進の育成に力を注いでいる。

ゼネラルマネージャー / インストラクター

新明佑介 Yusuke Shimmyo

ゼネラルマネージャー
キッズクラス・ヘッドインストラクター
1978年2月22日生まれ。東京都出身。

小学生~高校3年生まではサッカーに熱中する少年時代を送っていた新明は、1996年、格闘家を目指し正道会館に入門した。無類の格闘技ファンであった新明が特に憧れていたのは、今は亡き偉大なK-1ファイターのアンディ・フグであった。熱意が認められ、当時行われていた『チーム・アンディ』の練習に参加していた時期もある。アンディの蹴りでロク軟骨を骨折した経験は、今も名誉の勲章であろう。

選手としては、当時では珍しい『ボディへのパウンド有り』のアマ総合ルールでデビューを果たし、格闘技雑誌での注目を集めた。その後、様々な柔術大会に出場し、派手な攻め、ジャンピングパスガードなどを駆使するスタイルから、いつしか『鳥人』の異名を取るようになった。2002年には早川と共にブラジル修行を経験し、世界選手権で価値ある1勝を上げたこともある。

格闘技人生がはじまって以来、早川と同じ道を歩み、現在も弟子として柔術を学び続けている。早川の大試合の際には常にセコンドを務めるなど、信任は熱い。現在はトライフォースのゼネラルマネージャーとして道場の運営を担い、またキッズクラス(池袋・井荻・水道橋)のヘッドインストラクターとして日々のクラス指導に当っている。

新明佑介先生のプロフィール

インストラクター

芝本 幸司
Koji Shibamoto

山田 秀之
Hideyuki Yamada

澤田 伸大
Nobuhiro Sawada

宮本 和幸
Kazuyuki Miyamoto

杉村 徹雄
Tetsuo Sugimura

佐藤 雅一
Masakazu Sato

藤田 大祐
Daisuke Fujita

村澤 義雄
Yoshio Murasawa

井賀 孝
Takashi Iga

吉永 力
Riki Yoshinaga

篠田 光宏
Mitsuhiro Shinoda

糸魚川 俊輔
Itoigawa Shunsuke

キム・ジュン
Kim Jun

キッズクラス・インストラクター

薗部 康明
Yasuaki Sonobe

星川 智紀
Tomonori Hoshikawa

小岩 健一
Kenichi Koiwa

五十嵐 尚弘
Takahiro Igarashi

マルコ・ソルディ
Marco Sordi

高木 直
Sunao Takagi

石原 大地
Daichi Ishihara

岡 義明
Yoshiaki Oka

スタッフ

芝本 さおり
Saori Shibamoto