トライフォース柔術アカデミーでは会員の上達レベルに応じて帯の認定を行っています。帯を認定するにあたっては、経験、実力、技術の3つの項目を要件とし、それらの要件を公平に評価する制度を導入しています。

経験は、練習日数を評価します。また各帯において必要な修了期間も定めてあります。各帯の練習日数と修了期間は4つのフェーズに区切られており、各フェーズをクリアするごとにストライプ(級)を授与します。 ストライプ数は練習をどれだけ積んでいるかという目安になります。

実力は、スパーリング、あるいは競技会の成績を評価します。トライフォースにおいては、主として競技ルールを前提とした柔術を教えています。よって帯昇格を検討する際には、競技会において能力を発揮出来るかどうか(実際に試合に出場するしないに関わらず)という観点で査定することになります。 実力はあくまでも年齢別、体重別で相対的に評価します。

技術は、各帯ごとに必要な技術要件を満たしているかどうかを評価します。白~青帯を対象としたベーシックカリキュラム、青~紫帯を対象としたアドバンストカリキュラム、紫~茶帯を対象としたマスターカリキュラム、それぞれの履修、あるいは習得が、次の帯へ昇格するための技術要件となります。

帯制度について(年度ごとの白書)

トライフォース柔術アカデミーでは、年に数回行われる帯授与式において会員に帯を授与しています。ページ下部にてトライフォースの帯授与式も紹介しています。

白帯 White belt

白帯はみなさんが最初に締める帯です。柔術のベーシックカリキュラムを学ぶと同時に、基礎運動によって体の使い方を覚え、受け身などの安全確保の知識を学んで下さい。15歳以下の子供の部と、16歳以上の大人の部では帯色の種類が変わりますが、どちらの場合もスタートは白帯からとなります。

各帯には1~4本ストライプまで4つの級があります。ストライプは必要な練習日数を修了するごとに指導員が授与していきます。各々が練習キャリアをどれだけ積んだかの目安として下さい。

【青帯までの必要要件】
練習日数:100日以上
修了期間:特になし
技術要件:ベーシックカリキュラムの履修

青帯 Blue belt

青帯の取得はブラジリアン柔術におけるファーストステップです。この帯から柔術の本格的な修行がはじまります。白帯時代に学んだベーシックカリキュラムを反復して学習し、使いこなせるレベルに高めると同時に、アドバンストカリキュラムを学ぶことをスタートさせて下さい。青帯から紫帯までの修了期間は最も長く、黒帯を除いては柔術家として一番長く締める帯であり、多くの経験を積む期間でもあります。

【紫帯までの必要要件】
練習日数:240日以上
修了期間:2年以上
技術要件:ベーシックカリキュラムの習得、アドバンストカリキュラムの履修

紫帯 Purple belt

紫帯はブラジリアン柔術の世界においてはひとつの到達点といえる帯です。長期に及ぶ青帯での修業を終えた証であり、ベーシックカリキュラムを高いレベルでマスターし、アドバンストカリキュラムの知識を幅広く有しているレベルにあります。紫帯の期間は、青帯時代に学んだ応用技術を使いこなせるレベルにまで進化させて下さい。そして競技における戦術を学んでいく段階として下さい。紫帯は一般的には柔術歴3年~5年での取得を目指して欲しい帯です。

【茶帯までの必要要件】
練習日数:200日以上
修了期間:1年6ヶ月以上
技術要件:アドバンストカリキュラムの習得

茶帯 Brown belt

茶帯は柔術の熟練者といえる帯です。アドバンストカリキュラムを高いレベルでマスターし、使いこなせるレベルにあります。茶帯の期間は、競技における戦術を駆使して攻防を組み立てる能力をさらに進化させて下さい。また足関節技の攻防、NO-GIへの対応力も、茶帯の在位期間のうちに相応のレベルに達していることを期待します。茶帯は一般的には柔術歴5年~7年程度での取得を目指して欲しい帯です。

【黒帯までの必要要件】
練習日数:220日以上
修了期間:1年以上
技術要件:ベーシック検定1級合格

黒帯 Black belt

黒帯はトライフォース柔術アカデミーにおける修了証明として、会員に授与される最高ランクのベルトです。ベーシックおよびアドバンストカリキュラム、競技における戦術、これらの全局面におけるテクニックを、高いレベルでマスターした者に授与します。黒帯は一般的には8年~10年程度での取得を目指して欲しい帯となります。

黒帯取得後は、修了年数の満了を迎える度に段位を授与します。日本の多くの武道では「黒帯=初段」という概念が用いられますが、トライフォースでは「黒帯=0段」とみなし、1ストライプ目を授与する時に初めて「一段」の称号を得ることが出来ます。

一段~三段になるには、その前の段位で3年の修了期間が必要です。

preta1grau

preta2graus

preta3graus

15歳以下のジュニア/キッズの帯

15歳以下の子供の部は、以下の種類の帯となります。子供達の練習日数に応じて帯とストライプ(級)を授与していきます。

faixacinza【灰帯】 4歳~15歳

faixaamarela【黄帯】 7歳~15歳

faixalaranja【橙帯】 10歳~15歳

grn_belt
【緑帯】 13歳~15歳

トライフォースの帯授与式

トライフォース柔術アカデミー池袋・新宿では、年3回~4回の帯授与式を執り行っています。

各帯の4ストライプの方達の中から、帯昇格者を選出し、その日集まったみなさんの前で新しい帯を授与します。セレモニーでは、これまで使っていた帯を先生がはずし、新しい帯を巻きます。そしてみなさんの前でスピーチをして頂きます。

スピーチでは、先生方や仲間達への感謝、そしてこれまでの総括とこれからの目標を、みなさんが自分の言葉で伝えて下さいます。帯授与式、そして帯の昇格は、 柔術で味わえる最高の瞬間のひとつなのです。

私達はみなさんの努力とスピリットを評価します。スタート地点が違えば、ゴールも人それぞれです。大切なことは、その人なりに設定した目標をクリアすることです。

10代から柔術を始めて世界チャンピオンを目指す人も、40代から柔術を初めて白帯での1勝を目指す人も、目標を達成された時の評価はなんら変わりがありません。

課題を克服し、壁を乗り越えた時の感動を、みなさんにも体感してもらいたいと思っています。帯授与式では、一緒に練習してきた多くの仲間達からの祝福を受けて下さい。