トライフォースとは

トライフォースとは、2004年9月に日本柔術界の第一人者である早川光由(はやかわみつよし)が設立したブラジリアン柔術のアカデミーです。トライフォースのトライは”トライアングル”の略であり、フォースは”内なる力”を意味しています。トライアングルの3つの頂点は、格闘技を学ぶ上で欠かす事の出来ない”心・技・体”を現し、同時に”挑戦する”という意味を含みます。トライフォースとは柔術を通して「挑戦する力」を育てるための場所なのです。その理念は私たちにとっても大いなるチャレンジであります。

トライフォースの理念

トライフォースでは、ブラジリアン柔術のエッセンスをあますことなく伝えていきたいと考えています。『最高の護身術としての柔術』、『実戦格闘技としての柔術』、そして競技として誰もが安全に楽しめる『スポーツとしての柔術』、こういった様々な側面を持つ柔術を、アカデミーで指導していくことを活動目標としています。

ブラジリアン柔術は生涯たずさわる事の出来る格闘技です。老若男女誰もが取り組む事が出来ます。健康のため、護身のため、競技会に参加するため、個人個人で色々なテーマがあって良いと思います。その全てのニーズにトライフォースはお応えしていきます。

トライフォースには道場の仲間達との触れ合いがあります。様々な出会いをアレンジしてくれる「社交場」でもあるのです。日々に柔術があり、柔術が日々を生き生きとさせる。そんな生活をみなさんにご提供し、健康な体と健全な心を我々と共有して頂けたらなと思っています。

柔術アカデミーとしてのトライフォース

トライフォース柔術アカデミーは国内外にネットワークを有しており、アソシエーション全体で1800名以上(2019年現在)の会員が在籍しています。トライフォースは日本ブラジリアン柔術連盟の加盟団体として認可を受けており、その管轄にある全ての競技会に出場することが出来ます。

競技会の成績においては、世界チャンピオン、そして多数の全日本チャンピオンを輩出しており、団体としても幾度となく全日本選手権を制覇しています。2018年に制定された日本ブラジリアン柔術連盟の団体ランキングにおいては、年間ランキング1位を獲得し、日本最高の柔術アカデミーとしての栄誉を受けています。

早川光由 総代表(日本ブラジリアン柔術連盟 2018年度 年間表彰)