Category

池袋

マウスガード

By | 池袋 | No Comments

ハイブリッジさんでマウスガードを新調しました。かなり上質なフィット感です。
 
トライフォース会員はハイブリッジさんのマウスガードを割引価格で作成してもらうことが出来ます。
 
詳しくはマッスルデンティストこと会員の高橋昌嗣(Masashi Takahashi)くんにお聞き下さい。
 
品質は私が保証します。高橋パパこと昌嗣のパパ、そして昌嗣が作ったマウスガードを、私はもう10年以上使用しています。
 

【ヨーロピアン選手権】芝本・山田・澤田の試合スケジュール

By | 博多, 大阪, 新宿, 池袋 | No Comments

芝本幸司、山田秀之、澤田伸大がヨーロピアン選手権に向けて旅立ちました!

いよいよIBJJF(国際ブラジリアン柔術連盟)の2019年の大会が始まります!

3人の試合は日本時間の20日(日)の夕方18:30ごろから開始します。

アメリカの大会に比べるとリアルタイムで応援しやすい時間帯ですね。

観戦可能な方は有料放送をご利用下さい(月額20$/30日間のみで解約可)
http://www.flograppling.com/

こちらの「Order of Fights」や「Brackets」から勝敗や進行状況を確認することができます
http://www.bjjcompsystem.com/?tournament_id=1077

観戦予定の方は下のスケジュールもご確認下さい!

※FIGHT ○○: Mat ●●=FIGHTの後の数字は試合の順番、Matの後の数字はマット番号になります。

アダルト黒帯ルースター級のブラケット

 

アダルト黒帯ルースター級のブラケット

澤田1回戦/アダルト黒帯ルースター級
FIGHT 2: Mat 2
Sun 01/20 at 09:32 AM(日本時間1月20日 PM6:32=18:32)
ANIEL BONIFACIO CANDIDO
Qatar BJJ Brasil
NOBUHIRO SAWADA
Tri-Force Jiu-Jitsu Academy

芝本1回戦/アダルト黒帯ルースター級
FIGHT 4: Mat 2
Sun 01/20 at 09:56 AM(日本時間1月20日 PM6:56=18:56)
KOJI SHIBAMOTO
Tri-Force Jiu-Jitsu Academy
CARLOS ALBERTO OLIVEIRA DA SILVA
GF Team

澤田準決勝/アダルト黒帯ルースター級
FIGHT 7: Mat 2
Sun 01/20 at 10:32 AM(日本時間1月20日 PM7:32=19:32)

芝本準決勝/アダルト黒帯ルースター級
FIGHT 8: Mat 2
Sun 01/20 at 10:44 AM(日本時間1月20日 PM7:44=19:44)

山田1回戦/アダルト黒帯ライトフェザー級
FIGHT 10: Mat 2
Sun 01/20 at 11:08 AM(日本時間1月20日 PM8:08=20:08)
HIDEYUKI YAMADA
Tri-Force Jiu-Jitsu Academy
KAZUHIRO MIYACHI
Carpe Diem Hope

山田2回戦/アダルト黒帯ライトフェザー級
FIGHT 14: Mat 2
Sun 01/20 at 11:56 AM(日本時間1月20日 PM8:56=20:56)
JOÃO R. BORDIGNON MIYAO
Cicero Costha Internacional

山田準決勝/アダルト黒帯ライトフェザー級
FIGHT 18: Mat 2
Sun 01/20 at 12:44 PM(日本時間1月20日 PM9:44=21:44)

芝本・澤田決勝/アダルト黒帯ルースター級
FIGHT 33: Mat 3
Sun 01/20 at 03:44 PM(日本時間1月20日 AM12:44=0:44)

山田決勝/アダルト黒帯ライトフェザー級
FIGHT 34: Mat 3
Sun 01/20 at 03:56 PM(日本時間1月20日 AM12:56=0:56)

BJJ HEROESに澤田伸大登場

By | 新宿, 池袋 | No Comments

世界的トップ選手の証明!

ブラジリアン柔術選手のステータスである「BJJ HEROES」にワールドノーギ王者の澤田伸大が登場!

BJJ HEROES
HEROES LIST
NOBUHIRO SAWADA

そうそうたる戦績!

国内トップ選手であり世界的な選手であることがわかっていただけるはずです。

バイオグラフィーには、柔術家になるまでのストーリーとして幼少期に習っていた空手のことや学生時代に注力していたping-pong (table tennis)=卓球についても語られています。

是非知られざる澤田の歴史もこちらでご覧ください。(英語ですが!)

澤田の益々の活躍にご期待ください!

こだわりのアップ

By | 池袋 | No Comments

先週のベーシッククラスではバタフライガード / シッティングガードを練習しました。

ベーシックカリキュラムの中でも、かなり難しい部類に入るレッスンです。

私がこのレッスンを教える時に必ず行うウォームアップがあります。

「寝た状態から半身になり、脇を開きエルボーベースで起き、その後肘を使ったテクニカルスタンドアップで膝立ちになる」というものです。

“テクニカルスタンドアップのハーフバージョン”といった感じでしょうか。

2つ目のテクニック、レッグスクープスイープ(シットアップ)ではモロにこの動きが出てきます。

また、1つ目のバタフライガードのセットアップにも、脇を開いて上半身を起こす動きは出てきますね。

このアップを行うようになってから、参加する皆さんのテクニックの再現度がグッと上がったと手応えを感じています。

全てのレッスンで、というわけではありませんが、ウォーミングアップでその日に行うテクニックで用いる動きをやることは多いです。

「ウォームアップで体を温める」というだけではなく、「動きそのものに慣れる」という意識を持てるといいですね!

 

野生の証明

By | 池袋 | No Comments

柔術では一つの仮説がよく唱えられています。

センスがあって最初から強い者、あるいは他競技の経験があり最初から強い者は、柔術の技をちゃんと覚えはじめると一時的に弱くなる説です。

これは私自身20年以上あらゆる生徒を指導してきて実際に感じるところでもあります。

理由を突き詰めて考えたことがあります。私の出した結論はこうです。

何も考えずに技が出る者と、何か考えてから技が出る者との差であると。

新しい技を覚えれば、その技を発動するのにコンマ何秒か遅れが出るようになります。理由は、単純に脳や体に技が染みついてないからというのもありますし、技数=選択肢が増えたからというのもあります。

最初から強い人は本能のままに動きまくっていても強いのですが、ある時にやはりどうしても壁にぶち当たります。

柔術の熟練者は、まさにその人間が本能的に行う動作や防御反応を熟知しており、それらを制することが容易にできるため、本能系ファイターはむしろ格好の餌食になってしまいます。

なのでそういった方達が一定のレベルを超えてさらに強くなりたければ、やはり柔術の技を覚えるという作業から目を背けてはなりません。

俺は弱くなったんじゃないか?と感じるのは本当に一時的な期間です。その期間さえ乗り越えればインテリジェントファイターへと生まれ変わることが約束されています。柔術の面白さはそこからです。

トライフォースオンラインの活用と変速再生

By | 博多, 大阪, 新宿, 池袋 | No Comments

トライフォースオンラインに加入されている方は、動画を視聴しながらの練習を是非お試し下さい。より大きな効果が得られると思います。クラス前後やオープンマットの時間であればスマートフォンやタブレットをマットスペースへ持ち込んで頂いても問題ありません。

以下はサンプル動画です。

トライフォースオンラインには全てのカリキュラムにサンプル動画のようなクイックレビューを用意しています。本編を見る前のプレビュー用、あるいは本編を観たあとのレビュー用の動画として考案しました。

またレビュー目的であれば、PC環境の場合に限り本編の1.5倍速~2倍速再生が可能です。その方法もお勧めします。プレイヤーの右下の部分をよく見て頂きますと、クリック出来る場所がございます。マウスを動かさずとも、同じ場所をクリックすれば速度は切り替わります

1.5倍速であれば説明内容もまず聞き取れます。2倍速であっても、私や芝本の語りに慣れている人なら聞き取れると思います。

以下は本編動画です。

召喚獣

By | 池袋 | No Comments

純さんからお呼びがかからないと練習に来ない?と噂されているエンドゥさんです。

(多分そんなことはないと思いますが。。。)

純さんの召喚獣からの脱却を図りたいところです。

ですが、最近は純さん譲りのループチョークがハマりまくっています!

クレイグ・ジョーンズセミナーのレポート

By | 新宿, 池袋 | No Comments

13日(日)トライフォース新宿でクレイグ・ジョーンズのセミナーが開催されました!

クインテット(QUINTET)、POLARIS、EBI、KASAI PRO、ADCC等の世界最高峰のグラップリングイベントで大活躍中のクレイグによる日本初のセミナーです。

インサイドヒールフックのテクニックを中心に約3時間のセミナーは参加者も楽しそうに受講されていました。

QUINTET.3ラスベガス大会でリッチー”ブギーマン”マルティネス選手に決めたデラヒーバフックからのストレートフットロックも最後に教えてくれました!

通訳とテクニックの受け手を全日本ノーギ王者の岩本健汰くんがおこなってくれました。岩本の通訳は素晴らしかったです。

 

セミナー後は個別に写真撮影に応じてくれたクレッグ!「彼はナイスガイだ」と参加者みんなが思ったはず!

皆さんまた次回のセミナーを楽しみにしていてください!

Social Media