All Posts By

Mitsuyoshi Hayakawa

トライフォース赤坂、始動!

By | 池袋 | No Comments

344a3838

2017年9月3日にオープンしたトライフォース赤坂です。それを祝してオープン記念セミナーを開催させて頂きました。

344a3715344a3716

私からまず冒頭でみなさんにご挨拶差し上げたあと、早川光由、芝本幸司、山田秀之による実技指導を行いました。

344a3786344a3817344a3747344a3779344a3740

セミナー後は多くのメンバーで1時間30分みっちりとスパーリングを行いました。

344a3691

左がトライフォース赤坂のオーナーであり本部会員でもある堀鉄平さん、中央は早川光由、右がトライフォース赤坂ヘッドインストラクターの伊藤”エビ蔵”俊亮です。

スーパービジネスマンとして法曹界で今や知らぬ者なき存在となった堀さんは、一方で”闘う弁護士”として柔術ベースのテクニックを駆使してアウトサイダー等で活躍してきたMMAファイターでもあります。

この度、赤坂に建設された自社ビル内においてトライフォースの支部を設立してくださいました。本当に嬉しく、そして心強く思っています。

トライフォース赤坂の大躍進を期待しています。

344a3682

韓国セミナー ソウル編 D.Kへの黒帯授与

By | 池袋 | No Comments

21751518_1234213630023666_223459031896347356_n

トライフォースソウルのセミナーの冒頭では、DKことキム・ドンギュンに黒帯を授与しました。

21558639_1234213380023691_3586593649433986487_n

21686309_1234213510023678_5257066538583900848_n

事前にスンソンに相談し、DKの意見も聞いた上で今回の授与を決めていましたが、生徒のみなさんにとってはサプライズだったようです。どよめきが起こっていました。おめでとう。

21617849_1234212600023769_4156112004650597470_n

21558646_1234214630023566_4888845262036270564_n

21762484_1234213413357021_5657084436029953059_o

私が語ったことは、要約すると以下のようなことです。

「DKと出会ったのは2013年頃であったと思います。その時にすでに茶帯でした。相当に長い年月茶帯を巻いていることになります。その事からも、彼が柔術における幅広い知識と技術をすでに有していることは間違いありません。また彼の生徒には、アジア選手権などのIBJJFのビッグトーナメントにおけるメダリストが多く居ります。これは彼が優れた指導者であることの証明です。良い指導者には黒帯を巻く責任があります。紫帯の生徒もたくさんいるようですし、彼らをあなたの名の下に昇格させることもあなたの責任です。」

続けて行われたDKのスピーチは、韓国語でしたので何をしゃべったのかは全く分かりませんでした(笑)。

21752363_1234213500023679_932936570673875178_n

21617944_1234207410024288_6704553363143787040_n

セミナーでは、早川はパスガードディフェンスを、芝本はボトムからのLLD(ライイングレッグドラッグ)を披露しました。

女性の参加者も多く、サオリンがスパーリングでたくさんの女子に胸を貸していました。

韓国セミナー UCT編 スンソンへの黒帯一段授与

By | 池袋 | No Comments

21686434_1234207010024328_5578489068837039811_n

トライフォースUCTでのセミナーの冒頭で、スンソンに黒帯一段を授与しました。

2014年に黒帯を授与してから早三年。形式的なシステムではありますが、現地で彼の生徒の前で授与出来て良かったです。

21761742_1234207456690950_8957855580355924525_n

21761757_1234213170023712_3684194401945347470_n

21617693_1234213183357044_1314435372964160153_n

セミナーには大勢のみなさんにご参加頂けました。

早川はクローズドガードからのアタックを、芝本はトップからのLLD(ライイングレッグドラッグ)を指導しました。

みなさん熱心に打ち込みをされていました。

21559065_1234207300024299_5785160615022323669_n

”ミスターサプライズ”のお二人。「バンダナ刑事」こと工藤さんと、「こまっぴん」こと小松さんが、3年ぶりのサプライズを仕掛けてくれました。楽しい時を共に過ごすことが出来ました。ありがとうございました。

革命戦士 研修力

By | 池袋 | No Comments

2017091900

20170919_210057

19日(火)からリキの指導員研修が始まりました。

リキにはすでに認可インストラクターの資格を付与しています。しかし、それと実際にアカデミーで指導できるか否かはまた別の話で、次の段階を踏む必要があります。

テクニック検定合格

認可イントラ試験合格

各支部での採用研修(今ここ)

という流れになっています。

長い道のりです。私としても面倒くさいです(笑)。

リキはみなさんご存知の通りかなり強いです。なので「お前は十分強いし、もうみんなから一目置かれてるから、適当にお前なりに教えておいてくれ」で済ませられるものならそうしたいです。

しかしトライフォースの場合、全スクールにおいてクラスのフォーマットが統一されており、教えるべきカリキュラムも決まっておりますので、そういう訳にもいきません。

早川および芝本が研修の監督を担当し、池袋と新宿にて10月末頃まで研修を実施致します。

茶黒帯の諸先輩方は温かい目でお見守り下さい。

2017riki

ヒカルド・ヴィエイラ柔術セミナー2017

By | 博多, 大阪, 新宿, 池袋 | No Comments

ricardvieira

私の先輩である和道先生からお誘いを頂きました。ヒカジーニョことヒカルド・ヴィエイラ先生が久しぶりに来日しセミナーを開催されるそうです。

ヒカジーニョ先生のことは、若い柔術家のみなさんは知らない方もおられるかもしれません。世界大会9度優勝のスーパー・レジェンドの一人です。私の世代で知らぬ者はおりません。

またヒカジーニョ先生は、現在は兄のレオナルド・ヴィエイラ先生と共にCHECKMAT柔術を率いておられますが、かつては早川や和道先生のルーツでもあるアリアンシ柔術の同門でもありました。

ちなみにJFTとはかつて早川と和道先生が中心となって結成していた、アカデミーの垣根を超えた柔術チーム「ジャパン・ファイト・チーム」のことです。トライフォースはその一員でした。元JFTアカデミー所属会員にはセミナーの割引も適用して下さるようです。この機会に是非みなさんご参加下さい。

以下、和道先生からの告知となります。

——————————————–

Clube de jiujitsuの和道です。

この度、私の先生であるヒカルド・ヴィエイラを招聘し。セミナーを開催することになりました。

9度の世界チャンピオンに輝いた技術はオールドスクール、モダン柔術関係なく技術アップに役立てるはずです。

白帯から黒帯まで皆様のご参加を心よりお待ちしております。

また、今回特別に元JFTメンバーのアカデミーには参加費割引を用意しました。

ぜひご利用ください。

通常参加費7,000円→JFT割引5,000円

参加お待ちしております。

日時:
11月8日(水曜日)
セミナー一部 19:30~21:00
セミナー二部 21:15~22:45

場所:
clube de jiujitsu 東京都文京区白山1-18-7石川ビルB1F

参加費:
各7,000円→5,000円

○詳しくはこちらから
https://www.ip-lambda.com/wado-jiujitsu/page/162555/
※こちらのページから申し込みをされる場合は備考欄にJFT割引とお書きください。

○メールでの申し込み
info@wado-jiujitsu.com
件名 ヒカルド・ヴィエイラセミナー申し込み
1、氏名
2、所属ジム
3、電話番号
4、参加するセミナーをお書きください。
5、※JFT割引とお書きください。

電話:
080-3255-7544

韓国セミナーツアー2017

By | 池袋 | No Comments

21741329_1732188523493044_7076215394031573929_o

今年も韓国のトライフォース支部へセミナーツアーへ行ってまいりました。トライフォースのイヤーリークラスとして毎年実施しています。今回は早川、芝本、サオリンの3名にて訪問しました。

韓国へのイヤーリークラスではセミナー報酬を受け取っていません。行きたいから行く。楽しいから行く。友情のために行く。バンデカが本当に来るのか確かめるために行く。我々の目的はただそれだけです。

21458105_1731451576900072_3574960279111981378_o

初日はペ・スンソン率いるトライフォースUCTにてセミナーを行いました。

21743657_1732316346813595_3246379917565676187_o

二日目はD.Kことキム・ドンギュン率いるトライフォースソウル/アーバン柔術にてセミナーを行いました。

二箇所で延べ80名ほどの仲間と共に練習することが出来ました。いくつかのセレモニーも執り行い非常に有意義な遠征となりました。

早川も芝本も、独自視点で、ブログにて追々もう少し詳細なレポートを書こうと思います。

早川光由「バタフライガード・アタック」

By | 博多, 大阪, 新宿, 池袋 | No Comments

dsc02735

トライフォースオンラインにて、私のミニ教則シリーズをリリースしました。タイトルは早川光由「バタフライガード・アタック」です。私の得意なバタフライガードからの攻撃方法を5種類収録しています。ライブラリー見放題ご登録の方はそのままご視聴頂けますし、パッケージ作品として単品購入も可能です。是非ご視聴下さい。

早川光由 「バタフライガード・アタック」

1. シットアップスイープ
2. スタイでィング式バックテイク
3. ゲーブルグリップ式フックスイープ、リバースアームロック
4. ゲーブルグリップ式フックスイープ vs ヘッドロック
5. オーバーフックからのオモプラータ、トライアングル

レインメーカー

By | 池袋 | No Comments

21740924_1728633763848520_8425487957454137531_o

岡田さんがアジア選手権2017のマスター部門にて見事二冠王に輝きました。おめでとうございます。

入門してからこれまでに出た全ての大会で優勝し、オープンクラスに出れば必ず二冠王となっています。トライフォースに金メダルの雨を降らせるレインメーカー、それが岡田さんです。

野武士のような風貌からは全く想像できない温厚で優しい性格がまた魅力的なお方です。

アジア柔術選手権2017 総括

By | 池袋 | No Comments

21414824_1075521599249144_8894391837316421864_o

トライフォースのアダルト黒帯勢の結果は、金メダルx2、銀メダルx1、銅メダルx1でした。トライフォースのファンタスティック・フォーと呼ばせてもらいたいです。4人とも世界柔術2018の出場権を獲得しており、彼/彼女らが来年世界の舞台で戦う姿を観ることを楽しみにしています。

芝本vs橋本は去年のアジア選手権のリベンジ戦となりましたが、無事に勝利することが出来ました。芝本は今年の2月に選手生命を脅かすほどの怪我を負い、3月に手術をしましたが、この大会に向けて徹底的なリハビリと自己管理、そしてトレーニングを行い、戦えるコンディションを作ってきました。プロのアスリートとしての芝本の凄味を改めて見た気がします。

澤田は今持てる力を全て出し切ったと思います。山田は2試合1本勝ちで、決勝もほぼ互角の勝負を展開できていましたが、やはり嶋田君の執念が勝っていたかなと思います。サオリンは対戦相手が何故か直前で階級を上げてしまい、不戦勝となりました。今回は試合が成立しませんでしたが、世界柔術2018での活躍、あるいはパン柔術やヨーロピアン柔術への参戦を期待しています。

s__11427857

アダルト青帯フェザー級でワンツーフィニッシュを果たした”和製ミヤオ”あるいは”イワモッティ”こと岩本と、”ラ・バンバ”こと鈴木です。金メダルを獲得した岩本はオープンクラスでも銀メダルを獲得する大活躍でした。ラ・バンバは今大会に至るまで何十連勝という無敗記録を更新し続けておりました。最後はイワモッティに敗れて記録を止められましたが、この二人のヤング・ライオンに今後も期待しています。

21369023_1455901521155242_3408864264355045670_o

今回は私のミスで代表チーム編成の締切りをすっかり忘れており、支部ごとの出場となりましたが、トライフォース五反田がノービス(白帯)部門の団体優勝を単独できっちりと獲得しておりました。トオル先生おめでとうございます。

そしてなんと、アダルト色帯部門ではトライフォース池袋が単独で2位を獲得しました。全日本柔術2017では代表チームを編成しても3位だったのに、数千人規模のアジア選手権では池袋が単独で2位という想定外の結果でした。

_dsc0763

いつも書いておりますが、柔術の団体表彰に関してはオマケみたいなものと考えておきましょう。1位のATOSとの得点差が半端なかったです。3位は誰も盾を取りに来ず墓標と化してますしね(笑)。というわけで出場されたみなさんお疲れ様でした!

プライベートレッスン with マックス

By | 池袋 | No Comments

20170906_122804

SAWADAのプライベートレッスンを受けて下さっている鹿田さんです。

プラレのお供にはマックス君が欠かせません。プラレの度にマックス柔術アカデミーのマックス先生をお呼びしているわけではありません。

マックス君はテクニック打ち込み用のダミー人形です。海外輸入した優れものです。

このあと鹿田さんもマックス君を思う存分ボコボコにして満足されていました。

いずれ一家に一人はマックス君がいる時代が到来するでしょう。そしてAI搭載マックス君も現れるはずです。

ある日、全国各地にいるマックス君が反乱のために蜂起し集結するかもしれません。

バトルサイボーグ芝本は、迷ったあげく我々陣営に加わりマックス軍と戦い、最後は溶鉱炉にその身を沈めます。

そんな未来を妄想しています。

おっと、Facebookにアップするような記事になってしまいましたね。

Social Media