s__5955693

写真の杉村君は、一般会員からテクニック検定とインストラクターコースを経て、指導員になった会員の一人です。

その後、レベル1で1年、レベル2でさらにもう1年の指導キャリアを積み、アドバンスト検定をハイスコアで合格し、この度レベル3認可インストラクターへの昇格を果たしました。

私が考えるトライフォースの理想のインストラクター像を体現する男です。今後、杉村にはアドバンストクラスの指導も任せようと思います。

はっきり言いますと、杉村は弱くはありませんが、特別に強くもありません。実力は茶帯の中でも「中の中」くらいでしょう。全日本タイトルなどを保持しているわけでもありません。

しかし指導者としてはプロそのものです。長いキャリアを経てそのインストラクションスキルはさらに向上し続けています。

過去のコラム等でも度々語ってきましたが、私はもはやインストラクターに絶対的な強さを求めることをかなり以前から止めています。

指導フォーマット
http://tfikebukuro.blogspot.jp/2014/11/blog-post_7.html

インストラクター資格
http://tfikebukuro.blogspot.jp/2014/11/blog-post_68.html

「最強の選手であり最高の指導者であること」を条件に課せば、限られた母数の生徒の中からインストラクターを育成していくことは極めて困難となります。

そうなればいずれ他道場の強豪選手に外部講師を依頼せざるを得なくなります。もしくは指導ができる有名選手がたまたま移籍してくれるのを待つ等の依存体質になります。

指導は下手でも良いから有名選手、強豪選手から習いたい、そういった考えの方もたくさんおられると思います。ユーザー目線で考えれば、それに全く同意できますし理があると思います。

トライフォースにも、芝本、山田、澤田らトップレベルの実力を持つ指導員は多数おりますが、全員がそうというわけではありません。なので、そういったことを期待されている方にとっては、もしかしたらトライフォースは物足りなく感じるかもしれません

しかし私はそのようなレースからはとっくに降りています。私は「持続可能な組織運営をする」という選択肢をチョイスしました。そんなトライフォースに人が集まってくれたら良いなと思っています。

強豪選手であってもいずれ衰えは来ます。その時点においても、もし指導レベルが中途半端なままであったとしたら、上記の人たちは果たしてその選手から技を習いたいと思い続けてくれるのでしょうか。きっとそこにはまた一定の不満が生まれてくると思います。そして新しい有名選手を求め続けるのではないでしょうか。

その点、杉村に関しては何の心配もありません。なぜなら最初から強くないからです。

そんな杉村には多くのスギムラーが存在します。女子会員からの人気も高くてうらやましいくらいです。

以上、杉村レベル3昇格記念のお話でした。

Social Media