All Posts By

Mitsuyoshi Hayakawa

サワダーハウスルール

By | 池袋 | 2017/04/21 | No Comments

17807422_1545424078836157_5580222097130729577_o

春からフルタイム柔術インストラクターとなった澤田です。

澤田が公務員を辞めることに私は基本的に賛成しておりませんでした。現状でも十分に練習できていると考えていました。しかしそれは彼の考える十分とはかけ離れたものだったのでしょう。

とりあえず池袋にスタッフのシェアルームを借りて、博多から上京してくる吉永と一緒に住まわせることにしました。

指導とスタッフ業務の給料があれば食べるのには困らないでしょう。

ちなみにスタッフのシェアルームはあともう一人住めます。吉永と相部屋にはなりますが。向こう3年くらい一日中練習だけして生きたいですという若者がいたら、いつでも受け入れます。

※写真は完全なるイメージです(笑)。

※写真は完全なるイメージです。

博多のリキ

By | 池袋 | 2017/04/20 | No Comments

yoshinaga

トライフォース博多のリキこと吉永力を、トライフォース本部所属の選手として、またスタッフとして、この春より迎えることにしました。

嬉しいことに本人からの直訴がありました。腹をくくって上京するからには、私の直弟子に加え、技術面、環境面、経済面においてサポートしたいと思います。

みなさん、この春からリキを宜しくお願いします。

s__14245921s__14245923

IBJJFジャパニーズ・ナショナル2017団体優勝

By | 池袋 | 2017/04/16 | No Comments

20170416_150239

ジャパニーズ・ナショナル2017におきまして、トライフォース柔術アカデミーは団体優勝の成績を収めることが出来ました。

IBJJF公式大会における団体優勝は、ノービス部門を除いては今回が初めてです。参加された選手のみなさんありがとうございました。

IBJJFのランキング制度は次のステージへと進み、2018年からはアダルト黒帯の選手がパン柔術、ヨーロピアン柔術に出場するためにも20ポイントのランキングポイントが必要になりました。

黒帯を巻いているだけの選手は、それらの大会に出場することは出来ません。黒帯でどのような成績を残しているかが、次のステップへと進む重要な鍵となります。

優勝することにより27ポイントが獲得できるジャパニーズ・ナショナルは、今後より大きな大会へと成長していく流れになるでしょう。日本ではジャパニーズ・ナショナルとアジアオープンが毎年慣例で開催されるので、日本人選手は他のアジア圏の国々よりも現段階では地理的なアドバンテージがある状況です。

大会招致と定期開催に尽力し続けているJBJJF(日本連盟)の取り組みを大いに評価したいです。

韓国においても、昨年山田が優勝を果たしたIBJJFソウル・インターナショナルが毎年慣例で開催されることになれば、日本人選手にとっての遠征先として重要な大会となっていくことでしょう。

ジャパニーズ・ナショナルのプラーク(表彰盾)は、全日本柔術、全日本マスター柔術のプラークと並べて飾りました。いつかここにアジアオープンのプラークを飾れると良いですね。

朝柔カルチャークラブ

By | 池袋 | 2017/04/14 | No Comments

17903739_1554750527903512_7673525036245233724_n

朝クラスの終了時に、有志一同より村澤インストラクターに刺繍入り茶帯が贈呈されました。

朝柔インストラクターの2トップである糸魚川、井賀の両インストラクターより授与されました。

朝クラスの常連メンバーに対しては、授与式で公式に早川から授与される帯とは別に、有志一同から刺繍入り帯が贈呈されることが、いつからかは分かりませんが慣例になっているようです。

17903446_1554750537903511_8053478152516035204_n

17522895_1554750734570158_7588712272293694262_n

最後は何故か(?)村澤インストラクターも上半身裸で撮影に応じてくれました。

池袋からのチャレンジャー

By | 池袋 | 2017/04/13 | No Comments

13072642_829207793857587_8864658822569545851_o

各支部からトライフォースチャレンジの参加申込が続々あり、フルキャパシティの50%を超えました。

しかし池袋からの申込がまだ少な目です。元気がありません。

はじめての試合として出場される方にはおすすめですし、紫帯以上の試合も組みたいと思っています。

私にとっても間近で生徒のみなさんの成長を確認できる絶好の機会です。

あくまでも練習試合ですので、みなさん是非トライしましょう!

カズガーデン

By | 池袋 | 2017/04/12 | No Comments

20170412_213331

昨年末から「ひぐらしガーデン」のオープンで忙しくしていたカズこと佐藤インストラクターです。

3月からベーシッククラスの指導に復帰してくれています。

今日のクラスには辻山くんも半年ぶりに参加してくれました。仕事がめちゃめちゃ忙しかったそうです。

同時期に入門した五十嵐くんとペアで仲良く練習していました。仕事の合間を縫って参加してくれてありがとう。

20170412_213343
20170412_213248

20170412_213310

最後の1枚はカズクラスの常連参加外国人チーム。ジョセフとデイビットです。

エビ鳥

By | 池袋 | 2017/03/26 | No Comments

s__1056851

アドバンスト検定にエビ鳥コンビがチャレンジし、ハイスコアで無事にクリアしました。

二人で交互に実演を行ったので、合計1時間ぶっ通しで動き続けていました。脳と肉体を相当に消耗し、最後はフラフラになっていました。テクニック検定には体力も要求されます。試合後のようでした。

お疲れ様、そしておめでとう!

茶帯の中の茶帯、出てこいや!

By | 池袋 | 2017/03/25 | No Comments

17545272_1084712158307148_2829309501077517557_o

本日は帯授与式でした。

授与者は4名とシンプルな授与式でした。

ホルトと斎藤は成長著しい若手の2人です。練習量も豊富で今後に期待が持てます。

佐野は、スピーチでも話していたとおり、忙しい中よくコツコツと練習に励んでくれました。今後も自分のペースで変わらずにがんばって欲しいと思っています。

最古参の一人である村澤インストラクターに茶帯を授与できたことを嬉しく思います。

スピーチは全編を高田延彦のモノマネで通されるのかと思いきや、予想を裏切って真面目なお話に終始されていました。

茶帯はトライフォース柔術における熟練者です。たくさん身につけた技をより強固にしていく作業、シンプルにしていく作業がはじまります。

貪欲に身につけて、無駄を削ぐ、この行程がとても重要です。

良き黒帯になれるようここからまた精進して下さい。

17545289_1084712251640472_3618876325609012738_o

以下はFacebookのギャラリーです。

2017年3月25日(土) 帯授与式

By | 池袋 | 2017/03/24 | No Comments

diploma

3月25日(土)に帯授与式を行います。

13:00 ベーシッククラス
14:00 帯授与式(終了後フリースパーリング)
16:30 閉館

昇格者は以下のみなさんです。

【茶帯】

村澤 義雄

【青帯】

川谷 諒仁 ラインホルト
斎藤 卓巳
佐野 貴之

今夜がYAMADA

By | 池袋 | 2017/03/17 | No Comments

20170317_114608

今夜、パン柔術2017に出場するために日本を発つ山田です。

本日は出発前の最後の朝クラス指導でした。私もちょうど出社して最後に会えました。

同行者なしの一人旅なので、「なんか分からない事あるか?」と聞くと「テクニックでもいいですか?」と最後の最後まで技の質問をされました。しかも山田らしいマニアックな内容でした。

旅の準備は万全のようです。
20170317_114538

Social Media